薬剤師バイト 時給3000円以上は当たり前

薬剤師アルバイトの現状

まず初めに言っておきたいことは「薬剤師のアルバイトほど高時給のものはない」という点です。

薬剤師という職業の特性上、実はそれも納得なことなのです。

国家資格が必要

ご存知の通り、薬剤師になるためには国家資格が必要となります。

国家資格は当然難しいわけであり、それも薬剤師の国家資格を持つものは、専門の学部で勉強をしていた実績を持たなければなりません。そのことからも薬剤師の国家資格を持つ人が少ないのです。

人手不足

薬剤師は全体的に人手不足です。

「国家資格が必要」でもお話ししましたが、資格を持っている人間がまず少ないわけです。さらに薬剤師は全体の6割が女性といわれています。つまり、結婚や出産を機に、離職をする人が多いのです。

そのため、極端に人手不足に陥ってしまうわけです。

しかし、薬局数は年々増加しており、それも人手不足を起こす原因となっています。

処方箋枚数に応じる

薬剤師が1日のうちで扱える処方箋枚数は40枚と定められています。これは1年間というスパンで見る話であり、必ずしも1日40枚を守らなければならないということではありませんが、それでも定められた数字を超えるのは好ましくありません。

そのため、例えば多くの患者さんが来る薬局の場合、どうしても薬剤師の確保が必要となってきます。1人いるかいないかで処方箋40枚分の利益を得るかえないかということになります。

本来ならば、多くの患者さんが来てくれ、大きな利益が出るはずなのに、薬剤師の人手不足により利益が得られなくなってしまうのです。

人材確保のための方法

このようなこともあり、何とかしてでも人材を確保したいと、どの薬局でも思っているわけです。

そのためには、自分の薬局で働いたほうが、他の薬局で働くよりもメリットがあるということ求人を出す段階で示す必要があります。

働き場所を探す薬剤師が求人で一番目につく項目が、「給与」「労働条件」となります。

そのため、求人を出す側はこの2つの項目を、他のライバル薬局の求人よりも良い数字にしようとします。

これにより競争が起こり、薬剤師の時給は高騰するのです。

一般的に、薬剤師のアルバイトは1時間に2000円~3000という場合が多いです。しかし最近では時給が3000円以上ということも、特に珍しいことではありません。場合によっては4000円、5000円と、一般のアルバイトに比べかなり優遇された金額となるわけです。

そのため、もし薬剤師の国家資格を持っているのであれば、そして、アルバイトを考えているのであれば、他の職業ではなく、薬剤師のアルバイトを選択すると良いと思います。

薬局について思う事

先日薬局に常備薬を購入しに行ったところ、大きな薬局なのにも関わらず置いていないといわれました。私にはよくわからないのですが第1種の薬は薬剤師が不在でおけないスタイルの薬局という話でした。近所に最近できたばかりの規模の大きな店だったので驚きましたが、仕方なくいつも買っているさびれた薬局に行き無事購入できました。

その経験からそういえば薬局には薬剤師がいるところといないところがあり、薬剤師が要るところは処方箋受付と書いてありますし、薬剤師がいない薬局にはおいていない薬が置いてあることに気付き始めました。

薬局は広さや新しさで選んでいましたし、通りがかりで古いところに立ち寄ることはあっても、日用品や食品なども買える大型店が好きなので、そのようなところばかり行っていましたが、いざ医薬品を買う時になるとおいていないことが何度かありました。どの薬の扱いが無いのかは薬局で聞いて初めて分かるので結構不便です。

昔は医薬品にそのような区分はなかったように記憶していますが、レジも薬剤師が居るレジでないと買えない商品などがあり、かなり不便に思うことがあります。日用品と医薬品が近くに置いてあり同じかごに入っているのに、レジに行くとこの薬は薬用のレジで買うようにと言われたことが何度かあります。

最近は薬を買うと決めているときは、古い薬局でも処方箋扱いの薬剤師が居るところで買い物をすることにしています。そうすれば、薬についての質問にも親切に応えてもらえますし、基本的に薬局で取り扱いのあるはずの商品は買うことができるからです。

以前も鎮痛薬を探していたら親切な薬剤師の方が声をかけてくれて、色々親切に助言をくれたので自分の症状に合った鎮痛薬を選ぶことができてとてもうれしかったです。店構えは古かったり日用品の種類は選べなくても、薬はやはり薬剤師の方に説明を受けて買ったほうが良いと思います。

私が医療機関と薬局に通う線引きをしている目安としては、費用や手間の問題です。たとえば、腰痛や打撲で湿布薬が欲しい場合、長期にわたりそうなケースでは薬局で買うよりも医療機関で健康保険を適用して購入したほうが安くなります。医療機関は待ち時間がありますが、価格差がかなり出るようであれば、医療機関に行くようにしています。

薬局で薬を買うメリットは何といっても手軽に短時間で買うことができる点にありますので、一過性のけがや症状で薬も1000円前後で買えるという症状の時は医療機関で処方してもらえる薬でも薬局で買うようにしています。 手間と価格を総合的に考えて無駄の無いように薬を購入することを心がけています。

看護師転職サイト

今後の薬剤師業界における求人倍率と早めの転職が良い理由

何かの職業で働くとなると、しばしば採用確率がポイントになってきます。なぜなら採用率の変化などは、大いに考えられるからです。薬剤師という職業も、それは例外ではありません。

そもそも雇用に関する数字などは、刻一刻と変化する傾向があります。現在は採用率が高めな職業でも、それが今後は低くなる可能性もあります。それを考慮すると、できるだけ急いだ方が良いケースもある訳です。

なぜ薬剤師の求人を探すなら郊外エリアが良いのか

薬剤師の方々は、たまに転職などを考えています。お勤め先の給料に関する不満があって、他の薬局などで働きたいと考える薬剤師も多く見られます。もっと多く収入を受け取れるべきだと考える方々も、たまに居るでしょう。