なぜ薬剤師の求人を探すなら郊外エリアが良いのか

なぜ薬剤師の求人を探すなら郊外エリアが良いのか

薬剤師の方々は、たまに転職などを考えています。お勤め先の給料に関する不満があって、他の薬局などで働きたいと考える薬剤師も多く見られます。もっと多く収入を受け取れるべきだと考える方々も、たまに居るでしょう。

例えば、現在どこかの薬局で働いているとします。それで毎月25万を受け取っている状況です。しかしその給料では、不満と考える方々も居る訳です。

現在の職場は少々忙しく、25万は少し安すぎると考える方々も居る訳です。25万でなく、少なくとも30万が妥当と思う事例もあります。現に職場によっては、確かに給料水準が不適切な事もあるのです。

しかし別の職場ならば、その問題が解決できる可能性はあります。数多くの求人広告を見ますと、高収入などとアピールされている事があるでしょう。中には収入が高く望める職場も存在する訳です。

ところで薬剤師の収入は、実は地域とは密接な関連性があります。薬剤師という職業は、郊外エリアは収入が高めなのが特徴的です。他の職業とは、やや異なる点と言えます。

全般的に多くの職業では、都会エリアなどは収入が高めな傾向があります。郊外エリアは平均時給が低めで、都会エリアはかなり高めといった具合です。したがって収入の高さを求めるなら、都会エリアの求人が候補になり得るでしょう。

ところが薬剤師という職業は、事情が全く異なります。都会エリアというより、むしろ郊外地域の方が望ましいケースも多々あるのです。都会からやや離れたエリアの方が、高収入が望めるケースも珍しくありません。

なぜ郊外の方が給料が高めかと言うと、人材確保に関する事情があります。そもそも郊外地域ですと、人手がなかなか集まらないケースも珍しくありません。つまり人手不足になってしまうケースが多いのです。

しかし郊外地域の薬局としても、やはり人手は確保したいでしょう。それで給料をやや高めにするケースも目立つのです。27万では集まりが悪いので、30万円以上にする薬局などもかなり多く見られます。

また郊外エリアの薬局などは、交渉に関する成功率も高めです。時には転職における面接にて、人事担当者と給料に関する交渉をする事もあるでしょう。上記で述べたような人手不足に関する問題があり、給料交渉に応じてくれる薬局も数多いです。

こういった事情を考えますと、収入の高さを目的に薬剤師の仕事を探すならば、郊外エリアに着目してみるのも一法です。都会エリアと比べると求人数は少なめですが、やはり収入の高さは魅力的だからです。地域は重要ポイントと言えるでしょう。