今後の薬剤師業界における求人倍率と早めの転職が良い理由

今後の薬剤師業界における求人倍率と早めの転職が良い理由

何かの職業で働くとなると、しばしば採用確率がポイントになってきます。なぜなら採用率の変化などは、大いに考えられるからです。薬剤師という職業も、それは例外ではありません。

そもそも雇用に関する数字などは、刻一刻と変化する傾向があります。現在は採用率が高めな職業でも、それが今後は低くなる可能性もあります。それを考慮すると、できるだけ急いだ方が良いケースもある訳です。

一例を申し上げると、薬剤師です。結論を言えば、転職や就職などを検討中ならば、できるだけ急いで活動を行う方が良いでしょう。現在は仕事を見つけやすい状況ですが、今後は難しくなると想定されるからです。

現時点における薬剤師は、売り手市場という状況ではあります。求人案件も、数は比較的多めです。他職業と比べると、かなりお仕事を見つけやすい状況と言えるでしょう。

なぜ仕事を見つけやすいかと言うと、需要の増大が挙げられます。医薬分業を含めたシステムにより、今後は薬剤師に対する需要も増えると考えられるからです。需要が多くなれば、当然売り手市場になってきます。

ちなみに人材業界などでは、たまに求人倍率という表現が用いられる事があります。薬剤師は、その倍率が非常に高いです。5倍や7倍というデータもある位です。

5や7という数字は、際立って高い事は間違いありません。全職種における求人倍率は1.0近いですが、この薬に関わる職業は、実に6倍近い数字だからです。他の職業と比べれば、6倍ほど高い確率でお仕事を見つけられるとも言えます。

ですが、それは「現時点」での話です。6前後の数字がずっとキープされるかと言われれば、正直それは難しいでしょう。現に今後に関する試算なども行われています。

数年ほど前にある公的機関が、薬剤師に関するシミュレーションを行いました。それによると、どこかのタイミングで売り手市場が頭打ちになると結論付けられたのです。現時点では採用されやすいですが、ある時期を境に求人倍率が下がると想定されています。

それで倍率が下がってくれば、もちろん薬剤師としての就職や転職なども、ハードルは高くなるでしょう。少なくとも現時点よりは、確実にハードルが高くなる事だけは間違いありません。状況は刻一刻と変わる訳です。

したがって薬剤師の転職を望むなら、今がチャンスとも言えます。しばらくの間は求人倍率は増加する可能性が大ですから、その間に転職活動を行うと良いでしょう。少なくとも倍率が下がった後に活動を行うよりは、遥かに良い薬局も見つけやすいからです。